Harmony Works

キャリアコンサルタント 小倉 環のホームページです。キャリアデザイン、女性活躍推進、ワークライフバランス、
ダイバーシティ、研修、講演、お任せください

お問い合わせ

News&Topics

日経HRラボ記事掲載「AI時代の事務職の働き方を考える」

  • 2017/05/21
  • メディア

就活生と若い方向けのキャリアWebマガジン「日経HRラボ」に「AI時代の事務職の働き方を考える」と題して、寄稿しています。

特に女性で定型的な事務職を志向する方に読んでほしいです。

ご高覧ください。

https://labo.nikkeihr.co.jp/contents/howto/worklife06_01/

スクリーンショット 2017-08-21 15.57.42

取材・記事執筆のお問い合わせはこちらから

タウンワーク「ママの復職サポート」でアドバイス

  • 2016/11/02
  • メディア

リクルートさんの「タウンワークマガジン」でママの復職に向けてのアドバイスをしています。

【ママの復職サポート!】仕事を離れて4年。出産前同様に事務職で復職したいけど、どんな資格や準備が必要?%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-13-59-20

幼稚園の申し込み時期ですから、ママもそろそろ「お仕事を再開したい」と思っている方もいますよね。お近くに「もう一度仕事したいな・・・」と思っているママがいたら、オススメしてくださいね。

https://townwork.net/magazine/job_wpaper/w_trend/32317/

AERA with Baby 「子育てしながらハッピーに働く」でアドバイス

  • 2016/10/31
  • メディア

AERA with Babyの特別保存版号で「子育てしながらハッピーに働く」「育休活用マニュアル」で、6ページにわたり出産後のママの働き方のアドバイスをしています。
今、産休・育休中でこれから復職する人、いったん専業になった人など、それぞれに向けて、今からできることをアドバイスしています。近くに産休・育休の方がいたら、すすめてあげてください〜(^^)/

しかし、AERAの家事育児100タスク表はすごいですね〜。
私の第一子の頃はこんなのなかった^^;
これからの人はますます両立しやすくなるはず!
応援していますよ(^^)/

img_0470 img_0471

マナビズ「タイムマネジメント」の連載2・3回目記事掲載

  • 2016/09/30
  • メディア

コクヨさんが運営するビジネスパーソンの学びのための情報サイト
「マナビズ」でのタイムマネジメントの記事2回目、3回目がアップされています。

 

タイムマネジメント2:TODOリストから始めない

http://www.mana-biz.net/2016/08/post-118.php

 

タイムマネジメント3:成果を上げるスケジュール作成とは

http://www.mana-biz.net/2016/09/post-138.php

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-15-58-42

ご高覧ください。

「マナビズ」にてタイムマネジメントの連載開始

  • 2016/08/02
  • メディア

オフィス文具・家具メーカーのコクヨさんが運営するビジネスパーソンのための情報サイト「マナビズ」でタイムマネジメントに関する連載記事がスタートしました。

第一回は「そのタイムマネジメント、価値ある時間を生み出していますか?

タイムマネジメント1:キャリア充実のカギはプライベートにあり」です。

http://www.mana-biz.net/2016/08/post-112.php

マナビズ タイムマネジメント連載開始

働き方改革が叫ばれるなかで、本当の意味での充実した時間の使い方に言及しています。

ぜひ、ご高覧ください。

 

2016年4月7日 毎日新聞に女性活躍推進についてコメント掲載

  • 2016/04/07
  • メディア

毎日新聞

この4月の女性活躍推進法の施行の伴い、厚生労働省が開設した「女性活躍推進企業データベース」を就職活動中の女子学生がどのように活用すればよいか、というテーマでコメントしています。 Web記事はこちら

白川桃子さんも解説されているように、このデータベースで企業の女性活躍推進やワークライフバランスの数値の可視化で、長時間労働の是正や女性従業員の育成は加速すると思います。

これを機に働く意欲のある人たちが、制約があっても活躍できる社会が実現できることを願います。