MENU

ダイバーシティ推進やワークライフバランス、仕事と子育ての両立のための教育をしたいが従業員の男女比率や年齢構成、ライフスタイルによっては、社内で一斉に教育研修を行うほどコストがかけられないという企業様は多くいらっしゃいます。
全国に拠点がある企業様においては、一斉に集合して研修のための日程調整を行うことを難しく感じる企業担当者様も多いです。また、昨今では研修時間の有効活用のために動画を視聴して知識を習得してから、集合研修に参加をするといった形態を取る研修運営もございます。貴社向けに動画内容をカスタマイズすることも可能ですので、ご相談ください。

管理職向け管理職向け 男性育休にも対応!多様な部下を活かす職場マネジメント

時短勤務者など子育て期の部下マネジメントに効果を発揮します。女性管理職候補者の母数を増やすためにも子育て期の女性のキャリア支援は重要です。時間制約のある人材と時フルタイム社員の間を断絶せず、お互いを活かすチームの業務効率を学べます。

カリキュラム内容

1章:前提共有:ダイバーシティ経営とは

  1. 労働力不足時代に求められるダイバーシティ経営
  2. ダイバーシティ経営の効果
  3. 世代ごとの働き方・価値観の違い

2章:ダイバーシティ経営のイントロダクション 女性活躍推進

  1. ますます求められる女性活躍
  2. 女性活躍に取り組んでいる企業は株式パフォーマンスが高い
  3. 女性活躍推進を阻むアンコンシャスバイアス
  4. アンコンシャスバイアスチェック(ワーク)
  5. なぜアンコンシャスバイアス が起こるのか
  6. アンコンシャスバイアス に起因する職場の問題例
  7. アンコンシャスバイアスが女性の活躍を妨げる
  8. ライフステージごとの女性育成のヒント
  9. キャリア初期に前倒しのキャリア貯金をさせる
  10. ワーキングマザーの悩み
  11. ワーキングマザーのモチベーションと子供の成長との相関図
  12. 子育てとの両立に立ちふさがる壁(3歳以降)
  13. マミートラックに乗せないためのポイント
  14. 参考:子どもの病欠の対応
  15. 女性が管理職を引き受ける理由
  16. 女性を育てる仕事の任せ方

3章:男性育休が求められる社会的背景と対応方法

  1. 男性の育児・家庭参画の制度検討の国の動き
  2. 世界的に低い日本の男性の家庭参画時間
  3. 夫の家事・育児時間が長いほど第二子出生割合が高い
  4. 子育てや生活を重視する若手・学生の価値観
  5. 子育て社員を応援することは組織に対するロイヤリティを高めることにつながる
  6. 産後うつによる母親の自殺を防止
  7. 男性部下が育休を取得したいと言ってきたら
  8. パタハラ に当たる言動
  9. パタハラをしないために
  10. 職場のパタハラを防ぐために
  11. お互い様の風土をつくるために

価格・視聴環境等

仕様:視聴時間50分程度(ワーク時間除く)
受講用テキストPDF付き

料金:貴社e-learningシステムへデータを納品で導入の場合:25万円(税別・データお渡し/受講人数無制限)
弊社e-learningシステム(vimeo)使用の場合:9,800円(税別・1名より)
人事ご担当者さま向けに弊社システムのデモ体験・動画研修の試聴が可能です。お問い合わせからご連絡ください。

詳細・サンプル動画はこちら

育休復職者向け育休からの復職講座ー時間を充実させ、キャリアも諦めないー

本講座では育休から復職しても活躍し続けるための時間管理やコミュニケーション、キャリア開発を学べます。育休から復職する前後に受講することで、短時間で働くことの不安が払拭され、モチベーションが上がると受講生から感想が寄せられています。育休中の離職防止・教育ツールとしてご活用ください。

カリキュラム内容

1章:復職後をイメージする

  1. ワーキングマザーの悩み
  2. 復職後のトラブルとモチベーションを知る(3歳まで)

2章:時間の質を上げ、気持ちを楽にするタイムマネジメント

  1. 自分の時間をコントロールするのは自分
  2. 劣後順位で「手放す」ことを決める
  3. 「価値観」を手放す
  4. ワーク:手放す家事を考える
  5. 時間の優先順位のマトリクス
  6. 時間の質を上げるポイント
  7. 子育てしながらでも勉強をするコツ

3章:職場・夫と協働するためのコミュニケーション

  1. 交渉力のケーススタディ(職場編)
  2. 感情マネジメント
  3. 相手も自分も大事にするアサーティブコミュニケーション
  4. 職場の協力を引き出す魔法のフレーズ

4章:忙しくてもキャリアを積み重ねるコツ

  1. キャリアを考えるためのCan・Need・Will
  2. 人とロボット・AIが共存して働く時代
  3. キャリアを高める5つの視点
  4. 組織の三次元モデルから考えるキャリアの方向性
  5. ワーク:アクションプラン作成

エンディング

  1. ワーキングマザーがキャリアを磨くための心構え
  2. キャリアのための3つのC

価格・視聴環境等

仕様:視聴時間62分程度(ワーク時間除く)
受講用テキストPDF付き

料金:貴社e-learningシステムへデータを納品で導入の場合:20万円(税別・データお渡し/受講人数無制限)
弊社e-learningシステム(vimeo)使用の場合:5,800円(税別・1名より)
人事ご担当者さま向けに弊社システムのデモ体験・動画研修の試聴が可能です。お問い合わせからご連絡ください。

詳細・サンプル動画はこちら

  • bottom-area-img-01.jpg
  • bottom-area-img-02.jpg
  • bottom-area-img-03.jpg