MENU

ダイバーシティ推進やワークライフバランス、仕事と子育ての両立のための教育をしたいが従業員の男女比率や年齢構成、ライフスタイルによっては、社内で一斉に教育研修を行うほどコストがかけられないという企業様は多くいらっしゃいます。
また全国に拠点がある企業様においては、一斉に集合して研修のための日程調整を行うことを難しく感じるご担当者様もいらっしゃいます。一方でダイバーシティやワークライフバランンスの推進は研修やイベントを実施しただけでは意識の浸透は難しいことから、イントラネットなど様々なツールを用いた情報提供や発信が欠かせません。
そこで当社は、そういった企業様のためにeラーニングや意識啓発のためのガイドブックの企画制作をしております。

eラーニング

管理職向けイクボス研修 ー子育て社員を活かす職場マネジメントー

時短勤務者など子育て期の部下マネジメントに効果を発揮します。女性管理職候補者の母数を増やすためにも子育て期の女性のキャリア支援は重要です。時間制約のある人材と時フルタイム社員の間を断絶せず、お互いを活かすチームの業務効率を学べます。

カリキュラム内容

1章:子育て社員の悩み・不安を知る

  1. 3歳までのトラブルとモチベーション
  2. 3歳以降の壁
  3. マミートラックに乗せないポイント

2章:優遇ではなくチームを共存させるポイント

  1. マタハラ防止対策
  2. お互いさまの環境・風土をつくるコミュニケーション

3章:子育て社員を働き方見直しのきっかけに

  1. 業務の削減・省力化
  2. 会議の見直し・効率化の視点
  3. 個別業務の省力化をさせる手戻りナシの仕事術
  4. 業務の平準化・スキル向上
  5. チームの課題と解決策を考える

4章:ケーススタディ

  1. 育休復帰した部下のいる チームマネジメント

詳細・サンプル動画はこちら

育休復職者向け育休からの復職講座ー時間を充実させ、キャリアも諦めないー

本講座では育休から復職しても活躍し続けるための時間管理やコミュニケーション、キャリア開発を学べます。育休から復職する前後に受講することで、短時間で働くことの不安が払拭され、モチベーションが上がると受講生から感想が寄せられています。育休中の離職防止・教育ツールとしてご活用ください。

カリキュラム内容

1章:復職後をイメージする

  1. ワーキングマザーの悩み
  2. 復職後のトラブルとモチベーションを知る(3歳まで)

2章:時間の質を上げ、気持ちを楽にするタイムマネジメント

  1. 自分の時間をコントロールするのは自分
  2. 劣後順位で「手放す」ことを決める
  3. 「価値観」を手放す
  4. ワーク:手放す家事を考える
  5. 時間の優先順位のマトリクス
  6. 時間の質を上げるポイント
  7. 子育てしながらでも勉強をするコツ

3章:職場・夫と協働するためのコミュニケーション

  1. 交渉力のケーススタディ(職場編)
  2. 感情マネジメント
  3. 相手も自分も大事にするアサーティブコミュニケーション
  4. 職場の協力を引き出す魔法のフレーズ

4章:忙しくてもキャリアを積み重ねるコツ

  1. キャリアを考えるためのCan・Need・Will
  2. 人とロボット・AIが共存して働く時代
  3. キャリアを高める5つの視点
  4. 組織の三次元モデルから考えるキャリアの方向性
  5. ワーク:アクションプラン作成

エンディング

  1. ワーキングマザーがキャリアを磨くための心構え
  2. キャリアのための3つのC

詳細・サンプル動画はこちら

ガイドブック企画・制作

ダイバーシティや働き方改革の制度理解や周知において、効果を発揮するのがガイドブックです。
従業員全員、あるいは管理職のみなど対象を絞ったガイドブックを制作することで、知識の向上が目指せます。また集合研修の副読本として活用していただいたり、復習に使う、あるいは働き方改革会議に使用するなど、さまざまなアプローチで現場における改革の後押しをさせていただいております。

資料請求・お問い合わせはこちら

  • bottom-area-img-01.jpg
  • bottom-area-img-02.jpg
  • bottom-area-img-03.jpg